広島の中継ぎ陣が被災地へ積み立て金76万円寄付

[ 2011年12月3日 06:00 ]

 東日本大震災の復興支援を目的に、広島の中継ぎ陣が今季の登板試合で76万円を積み立て、年内に日本赤十字社を通じて被災地へ送ることになった。

 現役を引退して巨人の2軍投手コーチに就任した豊田や青木、上野、今村、岩見らが1つのアウトを取るごとに1000円を積み立てたもので、代表者の上野は、「シーズン当初から始めた。被災地の方の復興の手助けに少しでもなれば…」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月3日のニュース