ダル 去就明らかにせず…どうするの?球団困惑

[ 2011年12月3日 06:00 ]

日本ハム球団納会を終え、会場を出るダルビッシュ

 日本ハムの球団納会が2日、札幌市内で行われた。ポスティング・システム(入札制度)を利用しての大リーグ移籍が注目されるダルビッシュ有投手(25)は、納会後「(島田球団代表とは)会ってません」「去就?何も話すことはありません」と言葉少なに足早で会場を後にした。

 クライマックスシリーズ(CS)ファーストSで西武に敗退し、今季のチームの全日程が終了してから33日。都内で自主トレを続けているエースと、球団首脳陣が直接対面する数少ない機会とあって、納会前には「きょうはダルビッシュに話を聞きたい。早く決めてもらわないと」と話していた山田GMも、よもやの肩透かしに「そんな(ポスティングの)話はこちらから聞けない」と困惑した表情を見せた。

 現時点で契約更改の日程も未定のダルビッシュは、納会では球団関係者に来季の動向を質問されたが「(国内に残るかメジャーに行くか)どっちにしても頑張ります」と答えるなど、最後まで態度を明確にしなかった。

 球団では来季に向けた戦力補強を着々と進めてはいるが、肝心のエースの動向が決まらないことにはチーム編成は固まらない。年の瀬はすぐそこ。球団の困惑度は増すばかりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月3日のニュース