ハマっ子池田社長「横浜の人たちが幸せになれる球団に」

[ 2011年12月3日 06:00 ]

報道陣からの質問に春田オーナー(右)が池田社長に回答を促す

 ハマっ子による、ハマっ子のための変革を訴えた。横浜DeNAの球団社長に就任した池田純球団社長(35)は「僕自身横浜生まれの横浜育ちで大洋ホエールズの大ファンだった。横浜の人たちが幸せハッピーになれる試合、球団にしていきたい」と横浜愛による地域密着路線を強調した。

 横浜市内のいずみ野小、中学に通った少年時代は相鉄線で横浜スタジアムに通い続けたという。「昔の野球帽かぶった少年たちが、という雰囲気が薄れている。僕の直轄で地域貢献を考える部をつくり、ファンサービスを充実させたい」。直属部隊による、人気復興策を披露し、地元ファンに愛される球団づくりを目指す。

 9月中、DeNA本社の守安功社長と会談中「僕にやらせてみたら」と立候補して球団社長に決まった。現在の12球団社長で最年少の35歳。新風を期待される新球団のかじ取り役は、生粋のハマっ子の双肩に託された。

 ◆春田 真(はるた・まこと)1969年(昭44)1月5日、大阪府生まれの42歳。京大卒業後、92年に住友銀行(現三井住友銀行)へ入行。00年2月にDeNAに入社し、同年9月に取締役総合企画部長に就任。今年6月に同社取締役会長に就任した。

 ◆池田 純(いけだ・じゅん)1976年(昭51)1月23日、神奈川県生まれの35歳。早大卒業後、00年に住友商事に入社。その後、博報堂を経て独立して起業も07年にDeNAに入社した。09年に関連会社のエブリスタ代表取締役社長に就任。10年からDeNAの執行役員マーケティング統括部長も兼ねる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月3日のニュース