工藤氏 DeNAにトレーナーの充実求める

[ 2011年12月3日 21:59 ]

 プロ野球の横浜DeNAベイスターズの初代監督に就任することが確実な元西武投手の工藤公康氏が3日、横浜市内で取材に応じ、既に受けている就任要請を正式に受諾するための条件として、球団にトレーナーなどの充実を求めていることを明らかにした。

 4年連続最下位と低迷するチームには練習量が必要とし「ハードな練習はけがの確率が高くなる。(体の)ケアはバックアップとして必要とお願いしてある」と語った。

 自身の希望する現役続行については態度を保留し、兼任監督の可能性には「今のところ考えていない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月3日のニュース