「必要としてくれるなら」岩隈 昨オフ決裂のアスレチックスもOK

[ 2011年10月20日 08:55 ]

<楽・ロ>場内を一周後、島田オーナー(左)と握手をかわす岩隈

 楽天・岩隈久志投手(30)が今オフ、今季取得した海外フリーエージェント(FA)権を行使して大リーグ移籍に再挑戦することが19日、分かった。

 昨オフはポスティング・システム(入札制度)を利用して移籍を目指したが、アスレチックスとの入団交渉が決裂。岩隈自身は「自分を必要としてくれる球団ならどこでも構わない。いろんな話を聞きながらじっくり考えたい。特定の球団に絞っていない」と周囲に話しており、昨オフは決裂したアスレチックスを含む、全30球団と交渉に応じる考えだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月20日のニュース