横浜逆転勝ち!4回に5長短打を集め5点

[ 2011年10月20日 21:05 ]

セ・リーグ 横浜5―3阪神

(10月20日 甲子園)
 横浜は1点を追う4回、5長短打を集めて一気に5点を奪った。1死一、二塁から、松本の三塁打で逆転。第1打席は左飛に倒れた松本は「前の打席が中途半端だったので、積極的に思い切って振った」と話した。

 山崎も左前適時打で続くと、さらに2死二、三塁とし、下園の中前打で2者がかえり、この回で小嶋をKOした。

 三浦は5勝目、山口が34セーブ目。阪神は残り4試合で借金4。最多安打を狙うマートンは4打数1安打だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月20日のニュース