広島がサヨナラ勝ち!白浜 プロ初安打が劇打

[ 2011年10月20日 21:08 ]

9回広島2死二塁、白浜が左前にプロ初安打となるサヨナラ打を放つ

セ・リーグ 広島2-1中日

(10月20日 マツダ)
 広島がサヨナラ勝ち。0―1の8回にバーデンのソロで追い付き、9回2死二塁から白浜が左へプロ初安打をはじき返して試合を決めた。プロ入り8年目の白浜は「気持ちがいい」と言いながらも、慣れないお立ち台に固い表情。それでも「がむしゃらに振っていこうと思った。よっしゃー! と言うしかない」と語った。プロ入り8年目での勝ちある1打には「毎年勝負、後がないと思っている。この安打はこれまで応援しれくれた全ての方に伝えたい」と語った。

 梅津が3勝目。中日は8回から登板のチェンが10敗目。主力を温存した打線は16三振を喫した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月20日のニュース