ブルペンで見守った終戦 尚成「一生懸命やった結果」

[ 2011年9月27日 17:06 ]

レンジャーズ戦で登板機会がなく、試合終了後にブルペンから引き揚げるエンゼルス・高橋

ア・リーグ エンゼルス3―4レンジャーズ

(9月26日 アナハイム)
 エンゼルスは3―4で競り負け、プレーオフ進出の望みが絶たれた。勝っていれば可能性はわずかに残されたが、地区連覇を決めているレンジャーズを攻めきれなかった。

 登板機会はなく、ブルペンから「終戦」を見守った高橋は「一生懸命やった結果がこれだった」と悔しさをにじませる一方で「このチームは常に優勝が狙えるチームだと思う。来年に向けていい目標ができた」とも口にした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月27日のニュース