MLB幹部 日本のWBC参加を熱望

[ 2011年9月27日 06:00 ]

 13年に開催予定の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への日本の参加問題について26日、米大リーグ機構(MLB)バイスプレジデント・アジアのジム・スモール氏がスポニチ本紙の取材に答えて日本の参加を強く訴えた。

 参加回答期限は9月末日。「私たちは日本が出場に合意し、13年のWBCが日本参加の下に行われることを望んでいる」と強調した。

 日本は、代表チームのスポンサー料とグッズ収入の権利を日本野球機構(NPB)に帰属されるよう要求。日本プロ野球選手会は要求が認められなければ参加できないとしているが「日本の選手は賞金を除いてMLB選手より多い報酬を受けていると承知している。しかし、選手会はさらなる上乗せを求めている。この状況を3連覇を望む日本ファンに、どう説明するのか?」。さらに回答期限についても大会準備のため「これ以上は待てません」とし、期限までの参加表明を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月27日のニュース