ロッテ 2004年以来7シーズンぶりの10連敗

[ 2011年9月27日 23:06 ]

パ・リーグ ロッテ4-6オリックス

(9月27日 ほっと神戸)
 最下位のロッテは2004年4月以来、7シーズンぶりの10連敗となった。これで70敗だ。プロ2度目の登板となった先発の阿部は2回途中に5失点で降板。西村監督は「あそこの5点が響いた」と嘆いた。

 一時は1点差としたが、ミスもあった。7回は3点を返した後、無死一塁で安打を放った田中が二塁を狙ってアウト。直後の守りでは、遊撃手の細谷が併殺を焦って失策を犯した。指揮官は「そういうところで(きっちり)やっていかないと。もっとチームとしてやっていかないと」と奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月27日のニュース