Rソックス ワイルドカード首位を死守

[ 2011年9月27日 06:00 ]

ア・リーグ レッドソックス2-6、7-4ヤンキース

(9月25日 ニューヨーク)
 レッドソックスがダブルヘッダーを1勝1敗で終え、ワイルドカード首位を死守した。

 第1試合後には一時、レイズに0・5差と肉薄されたが、3点先取された第2試合は中盤に追い上げ4―4の同点で延長戦に突入。14回2死一、三塁、エルズベリーの決勝31号3ランが飛び出し、5時間11分の死闘に決着をつけた。2戦計3発で、球団初の30発30盗塁を達成した1番打者は「みんなの勝ちたい気持ちが最高の結果につながった」とホッと一息。試合後はボルティモアへ移動し、26日(日本時間27日)からオリオールズと最後の3連戦を戦う。また、レイズは本拠地でヤ軍を迎える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月27日のニュース