慶大痛い連敗…好機で凡退の伊藤「歯がゆい」

[ 2011年9月27日 06:00 ]

<東京六大学野球 慶大・法大>1回2死一塁、二ゴロに打ち取られ厳しい表情の慶大・伊藤

東京六大学野球リーグ第3週第3日 慶大1―2法大

(9月26日 神宮)
 慶大は法大の三上朋を攻略できず、痛い連敗。勝ち点を落とした。

 今秋ドラフト1位候補の伊藤は4回に中前打を放ったものの、5回2死一、二塁の好機では投ゴロに倒れた。「打ちたい気持ちが出すぎた。自分が打てなくて負けて、歯がゆい」と唇をかんだ。江藤省三監督は6回の決勝点を野選で与えたことに「守りのミスが出てしまってはね」と言葉少なに振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月27日のニュース