浮かない顔の松井「自分で失敗した」

[ 2011年9月16日 15:54 ]

 アスレチックスの松井は15日、オークランドでのタイガース戦に「3番・指名打者」で出場して3打数無安打だった。内容は三邪飛、空振り三振、三邪飛、四球で打率2割5分9厘。チームは6―1で勝った。

 地区優勝目前のタイガースの連勝を12で止めたアスレチックスだったが、松井は無安打と元気がなかった。

 初対戦のシャーザーの球筋をつかめないようだった。二回は1死二、三塁で「前に飛ばせば点が入る場面」と積極的に振っていったが、ボール気味の球に空振り三振。一、五回には三邪飛に倒れた。

 この5試合で2安打と振るわないこともあって「うまくやられた感じがする。自分で失敗した」と浮かない顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月16日のニュース