大嶺育たず 底上げかなわず ロッテ 西本2軍投手コーチ退団の背景

[ 2011年9月16日 11:07 ]

今季限りでの退団が確実となったロッテ・西本コーチ(右)

 ロッテ・西本聖2軍投手コーチ(55)が今季限りで退団することが15日、分かった。同コーチは今季で2年契約が満了。球団はこの日までに来季の契約を更新しない方針を固め、退任が確実となった。

 若手投手の育成を託された西本コーチは「若い選手を育てるのも大事な仕事。2軍のコーチはやったことがなかったし、自分にとってもいい経験、財産になる。一人でも多くの選手を1軍に送り出したい」と話していたが、先発の一角に期待された大嶺は1軍定着せず今季未勝利。成瀬、唐川に続く若手投手の底上げは見られず、チームが最下位に低迷する要因になっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月16日のニュース