おいしいなと…赤田、延長サヨナラ打!オリ3位再浮上

[ 2011年9月16日 06:00 ]

<オ・楽>サヨナラ打の赤田は笑顔いっぱいでファンとハイタッチ

パ・リーグ オリックス5-4楽天

(9月15日 ほっと神戸)
 あっという間に歓喜の輪ができた。延長10回2死二塁。「また、いいところで回ってきた。おいしいなと思った」。決めたのはオリックスの赤田だった。強烈な打球が右翼線へ。今季3度目のサヨナラ打で、その全てが楽天戦だ。延長10回の守備から右翼で途中出場し、いきなりの打席で最高の結果を出したヒーローは「大事な試合でいい仕事ができた。勢いに乗るには最高の勝ち方」と声を弾ませた。

 序盤にリードを奪われても粘り、追いつき、今季7度目のサヨナラ勝ち。CS進出を争う楽天との3連戦を劇的な勝利で勝ち越して、チームはその楽天を抜き1日で3位に再浮上した。2桁13安打。最後の1本で試合を決めたのが赤田なら、今季初の4安打&2打点で打線を引っ張ったのが絶好調の後藤だった。

 「毎日、続けることが僕の目標。そういう意味では自信になる。1試合でも、1本でも多く打っていきたい」。まず初回1死三塁で先制の左前打。連続試合安打を歴代15人目となる「26」に伸ばし、パ・リーグでは68年のロペス(東京)に並ぶ5位タイに浮上した。3点を追う5回2死一、二塁では左前打。7、9回にも安打を連ねた。4安打は自身6度目で最多タイ。連続試合安打の期間中は打率・389と確変状態をキープしている。

 「チーム一丸となって上を目指していきたい」。お立ち台で赤田はそう締めた。残るは25試合。混パの最終コーナーをこのまま駆け抜ける。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月16日のニュース