雄星がっくり4失点KO「二度と勝てないと…」

[ 2011年9月16日 06:00 ]

<ソ・西>初回一死一、三塁、カブレラに左越え、タイムリー二塁打を打たれ汗を拭う菊池

パ・リーグ 西武5-5ソフトバンク

(9月15日 ヤフーD)
 西武・菊池が初対戦となったソフトバンク打線につかまった。初回1死から3連打で先制を許すと、2死二、三塁で松田に左越え3ランを被弾。4回途中8安打4失点での降板に「先発として1週間の調整の時間をもらっているのに、試合をつくれずに野手の方に申し訳ないです」と肩を落とした。

 打線が追いついたために黒星は免れたが「投げる球に困ったというか…。全てにおいてレベルアップしないと、二度と勝てないと思います」と危機感をあらわにした。渡辺監督は「真っすぐが来ていなくて単調な投球になってしまった。あれ以上点はやれないから、(交代は)しようがない」と反省を促した。

 ▼西武・牧田(同点の9回に登板し1安打無失点)いつも通りに思いきり腕を振って投げる気持ちでした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月16日のニュース