3連投の吉田一が初完封!日大、6季ぶり勝ち点

[ 2011年9月16日 06:00 ]

<日大・中大>3安打完封の力投を見せた日大先発・吉田一

東都大学野球第2週最終日 日大3-0中大

(9月15日 神宮)
 3回戦1試合が行われ、日大は吉田一将投手(4年)が3安打完封の好投で、中大に3―0で完勝。08年秋の東洋大戦以来、6季ぶりの勝ち点を挙げた。吉田一はリーグ戦初完封。中大は先発の島袋洋奨投手(1年)が初戦に続き黒星を喫した。

 日大は3連投の先発・吉田一が中大打線をわずか3安打に封じ、2勝目をリーグ戦初完封で飾った。「疲れはありませんでした。きのうふがいない投球をしてしまったので、やってやろうと思ってました」とエースの責任を果たして胸をなで下ろした。前日の2回戦では2―1の9回に登板したが、リードを守りきれなかった。仲村恒一監督は「きょうは吉田一に尽きる。伝統の日中戦で勝ち点を挙げられてうれしい」と喜び、次戦の東洋大との対戦に向けては「(春の)チャンピオンチームなので欲を出さずに向かっていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月16日のニュース