白井一幸氏 指導方針は“怒らず 教えず やらせず”

[ 2011年9月16日 10:01 ]

日本ハムの来季監督に浮上した白井氏。現在は横浜の2軍監督を務める

白井氏 日本ハム来季監督に浮上

 知的で紳士。そんな風貌に似つかわしく、白井氏は野球関連書から純文学まで年間70冊は読破する。読書することで、「ものを考える」癖をつけるのだという。指導法も同じだ。

 同氏が抱いていた従来の指導者のイメージは「怒る、教える、やらせる」。01年に日本ハム2軍監督に就任したのを機に、常勝チームをつくるための指導法を再考。「怒れば、怒るほど選手は萎縮する。教えれば、教えるほど考えなくなる。やらせれば、やらせるほどサボる」。怒る代わりに励まし、教える代わりに質問を投げかけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月16日のニュース