バント処理ミスで自滅 巨人 痛い横浜3連戦負け越し

[ 2011年9月16日 06:00 ]

<横・巨>5回無死一塁、横浜・石川(左)のバント処理で巨人・高木が転倒、内野安打に

セ・リーグ 巨人5-6横浜

(9月15日 横浜)
 何度も同じミスを繰り返す自滅だった。2本のアーチを被弾して逆転負け。巨人・原監督は「1つの犠打でアウトを取れないとね。相手打者を抑えるのが難しくなる。小野は自分の殻の中で投げて小さくなっている」と渋い表情で振り返った。

 バント処理のミスが勝負の明暗を分けた。2回だ。無死二塁で投手前に転がった松本のバントに阿部は一塁を指したが、打球を処理した小野は三塁を見た後に慌てて一塁への悪送球で内野安打。この時は失点にはつながらなかったが、2度目は大きなほころびにつながった。

 同点の5回。無死一塁から石川のバントに高木と阿部が譲り合い、再び内野安打。直後の下園も2度の犠打失敗で2ストライクと追い込みながら、決勝3ランを浴びた。「僕のミスです。最悪です。申し訳ないとしか言いようがない」と高木。岡崎ヘッドコーチは「ベテランの投手なんだからね。高木は阿部が捕ると思ったんだろうけど」と厳しかった。

 度重なるミスの代償は最下位・横浜にカード負け越し。原監督は「それは仕方ないでしょう」と前を向いた。だが、首位のヤクルトに7・5ゲーム差。逆転優勝が遠のくあまりにも痛い1敗を喫した。

 ▼巨人・長野(3本の適時打を含む今季3度目の4安打)バットの先でしたが、(3回の適時打は)うまく拾うことができました。また頑張ります。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月16日のニュース