建山 右打者3人斬り「基本的に自分の仕事」

[ 2011年6月27日 10:31 ]

メッツ戦の7回途中に登板し、1回を無安打無失点だったレンジャーズ・建山

 レンジャーズの建山義紀投手は26日、アーリントンでのメッツ戦に3―7の7回途中から2番手で登板し、1回を無安打無失点2三振だった。勝敗は付かず、チームは5―8で敗れた。

 建山が右打者を相手に1回を無安打、2三振の好投を演じた。7回無死一塁で登板すると、緩急を使った組み立てで、4番ベイからの3人を空振り三振、空振り三振、中飛に抑えた。
 ここまで右打者には打率1割4分3厘しか許していない。「とにかく右を抑えることが基本的に自分の仕事。それだけはしっかりしておきたい」と右横手投げの役割を果たしている。
 28日から9連戦を迎えるが「3Aで何度も20連戦をやってきた。連戦が続くからといって特に思うところはない」と力強かった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月27日のニュース