石井一 3勝目…6回4失点も打線が援護

[ 2011年6月27日 06:00 ]

パ・リーグ 西武5-4楽天

(6月26日 西武D)
 西武の石井一が6回6安打4失点ながら、打線の援護もあって3勝目を挙げた。

 同点の6回2死一塁からガルシアに直球を左翼席へ運ばれた場面に「感覚は悪くなかったので、あそこでもっと意識を強く持っていけたらよかった」と反省。それでも直球、変化球の切れが良かったとあって「自分のボールは投げられている。勝ちが付いたのは良かったです」と納得の表情だった。

 ▼西武・江草(7回に登板し1イニングを無安打無失点)逆転した後だったので緊張しました。ああいう場面で使ってもらってやりがいはあります。

 ▼西武・土井ヘッド兼打撃コーチ(逆転した打線に)うまくつながった。あしたも続けていければ、この後乗っていける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月27日のニュース