チェン 栗原の肘当て死球に怒りあらわ

[ 2011年6月27日 06:00 ]

セ・リーグ 中日0-2広島

(6月26日 マツダ)
 温厚な左腕が珍しく怒りをあらわにした。0―0の8回1死三塁、力投していた中日のチェンが、栗原に死球を与えたところで無念の降板。2番手の浅尾が前田智に決勝打を浴び、5敗目を喫した。

 「肘当てをしているし自分から当てにいっている感じ。4番打者がそういうことをしてくるんだから…。あれでは肘が折れてもしょうがない」

 2ストライクと追い込み、自信を持って投げ込んだ内角ストレートが痛すぎる死球となった。栗原には4回の第2打席でも左の肘当てに当たる死球。このカード初戦でも、小窪がネルソンから同様の死球で出塁していた“伏線”があった。投球内容には「悪くなかった」と手応えを感じていただけに、アンフェアにも見えた相手のプレーに我慢ができなかった。

 終盤までもつれることが多い両軍の対戦。新たな遺恨の芽が生まれた。

 ▼中日・落合監督(報道陣に)お通夜みたいだな。君たちがお通夜みたいになっても、自分の仕事と関係ないだろ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月27日のニュース