ひちょり 冷や汗先制打で須田を援護「打率抜かれるやん」

[ 2011年6月27日 06:00 ]

<ヤ・横>3回1死二、三塁で左中間2点二塁打を放った森本はガッツポーズ

セ・リーグ 横浜4-1ヤクルト

(6月26日 神宮)
 横浜・須田を援護したのは不調の森本だった。3回、須田の右前打、石川の右中間二塁打で1死二、三塁とし、増渕の125キロスライダーを先制の左中間2点二塁打。「なにー、須田に打率抜かれるやんヒッツ」と盛り上がった。

 現在の成績は38試合で108打数19安打、打率・176だが、投手の須田は11試合で9打数2安打、打率・222。形容しがたいライバル争いだが「仕事はできました」。ひちょりの逆襲がここから始まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月27日のニュース