お得意様に初黒星…増渕 今季4敗目も指揮官は及第点

[ 2011年6月27日 06:00 ]

<ヤ・横>6回4失点で降板のヤクルト先発・増渕

セ・リーグ ヤクルト1-4横浜

(6月26日 神宮)
 ヤクルトの増渕が「お得意さま」に初黒星を喫した。プロ入りした07年から過去14試合で5勝0敗、防御率1・42だった横浜を相手に、6回6安打4失点で今季4敗目。3回に投手の須田からの3連打で2点、6回も暴投などで2点を失った。

 今季は開幕から先発の一角を担いながら5月29日の西武戦(西武ドーム)で先発後、不調で中継ぎに降格。久々の先発で結果を残せず「先制点を与え、いい流れにできなかった」と反省した。それでも適度な荒れ球で打者を押し込む場面も多く、3連勝を逃した小川監督も「球はよかった。次に期待したい」と及第点を与えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月27日のニュース