無念の途中交代…西岡「誰が監督でも代える」

[ 2011年6月27日 06:00 ]

<ブルワーズ・ツインズ>途中交代した西岡は、ベンチで首をかしげる

交流戦 ツインズ1―11ブルワーズ

(6月25日 ミルウォーキー)
 ツインズの西岡は無念の途中交代となった。7番で先発も2打数無安打。

 4回裏2死一、二塁では6失点の先発リリアーノを諦めたロン・ガーデンハイアー監督が、5回の攻撃が9番から始まる関係から、9番に野手を入れ、西岡と救援投手を交代させた。左すねを骨折した試合を除けば初の途中交代。厳しい現状に西岡は「自分の結果と打順の巡り合わせを見れば、誰が監督をしていても代える」と悔しがっていた。チームは大敗し、4連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月27日のニュース