ワールドシリーズMVP対決は松井に軍配…ハメルズから2安打

[ 2011年6月27日 06:00 ]

<フィリーズ・アスレチックス>2回、ハメルズの打球を背走、好捕する松井

交流戦 アスレチックス4―1フィリーズ

(6月25日 フィラデルフィア)
 また左腕討ちだ。アスレチックスの松井秀喜外野手(37)は25日(日本時間26日)、フィリーズ戦に4番・左翼として出場。勝ち越しにつながる左前打を含め、コール・ハメルズ投手(27)から2安打を放ち、チームは連敗を3で止めた。ともにワールドシリーズでMVPを獲得した左腕との「持ってる男対決」を敵地で制し、さらに信頼もアップ。ボブ・メルビン監督代行(49)は、休養の予定だった次戦・26日(同27日)も先発起用することを明言した。

 連夜のブーイングは「気付かなかった」という。同点の4回1死一塁。松井は9勝を挙げているハメルズの低めのカットボールを左前にはじき返した。「1打席目はちょっと引っかけましたけど。次の打席はちゃんと引き付けて打てましたね。ある程度、軌道は(頭に)入っていた」。2回は同じ球種を二ゴロ。この集中力と対応力こそ松井。後続の適時打につなげ、連敗を3で止める決勝点となった。

 08年のワールドシリーズでMVPに輝いたハメルズに対し、過去のレギュラーシーズンでは3打席無安打。フ軍を叩き、自らがMVPになった09年ワールドシリーズの第3戦は、代打出場のため対戦はなかったが、この日は勝負を存分に楽しんだ。攻守を替え、2回にはハメルズが放った左翼への大飛球を好捕。当時の悔しさを忘れないファンから再び大きなブーイングを浴びた。

 昨季から左腕に弱いとレッテルを貼られ、左投手が先発する試合の出番は激減。終盤に代打という起用法が増えた。球筋をじっくり読み、考えながら打つタイプの松井に「一発勝負」で結果を求める状況は酷だった。

 欲しいのは打席数だ。そのチャンスが監督交代で回ってきた。メルビン監督代行となり15試合中14試合に先発出場。松井も「期待されていることは凄く感じる」と意気に感じた。対戦機会が増えたことで、対左腕の打率も、ボブ・ゲレン前監督下の・205から・364へ跳ね上がった。

 「あの時(09年)は本当によく打った」と松井に対し強烈な印象を持つハメルズも証言する。打たれた2安打を振り返り「辛抱強い。1回抑えても次は打ってくる」と、打席ごとに適応してくる37歳の進化力に舌を巻いた。

 26日は休養の方針だったが監督代行は「状態がいい」と、先発を明言。守備についての3戦連続出場は、08年4月以来。次戦先発の右腕ハラデーからは投手別で自己最多の4本塁打を放っている。信頼に応える機会は増えるばかり。日米通算500本塁打へ、全てがいい方向に転がっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月27日のニュース