新守護神・牧田 満点デビューも「足が震えていました」

[ 2011年6月27日 06:00 ]

<西・楽>9回をピシャリと抑えプロ初セーブの牧田(中央)はナインとハイタッチ

パ・リーグ 西武5-4楽天

(6月26日 西武D)
 西武はサブマリンの新守護神が試合を締めくくり、ようやく笑顔を見せた。1点差の9回に登板した牧田は、わずか9球で3者凡退だ。時間にして約3分。先発時と同じテンポのいい投球で、簡単にプロ初セーブを手にした。

 「足は震えていました。それを表情に出さないように意識していました。いつも通りの打ち取り方ができた」

 昨年の守護神・シコースキーが右肘手術で離脱。代わった岡本篤が再調整となる中、リーグ戦再開からストッパーに指名された。抑えといえば150キロを超える直球、三振の取れるフォークなどを持つ投手が一般的だ。だが、ルーキーのサブマリンの直球は130キロ前後。シンカー、チェンジアップは、確実に空振りを奪う球種ではない。なぜ、牧田が守護神なのか。渡辺監督は「この投手でやられたら仕方ないと、みんなが納得するのが抑え。現状でそう思われるのが牧田。難しいポジションだけど、それだけの資質がある」と、あえて抜てきした。

 牧田の持つ「資質」。第1に、立ち上がりのうまさが挙げられる。先発10試合で初回の失点はゼロ。34人と対戦し被安打はわずか3本だ。初めて投げるマウンドでもアジャストし、制球を乱さない。第2に肩の出来上がりの早さ。先発ローテーションで回っている時も「登板2日前のブルペンは、全力で投げるというよりは指先の感覚を確かめるだけですね」と話していたように、この日は7回裏から投球練習を開始し、15球程度で仕上げた。登板直前も捕手を座らせることなく、強めのキャッチボールだけでマウンドに上がった。

 そして何より、新人らしからぬ度胸。足が震えながらも、相手に隙を見せず、涼しい顔で投げきった。お立ち台を終えると、牧田は言った。「自分の球威で(抑えが)できるかなという不安はあった。きょうは良くても、次はどうなるか分からない」。こんな謙虚さも、抑え投手としての「資質」かもしれない。

 ▼西武・小野投手コーチ(牧田について)やられたら(守護神に起用した)俺たちが悪いというくらいのつもりで、自分の投球をしてくれれば。プレーボール後の1イニングと同じ感覚でやってくれればいい。

 ▼西武・土井ヘッド兼打撃コーチ(逆転した打線に)うまくつながった。あしたも続けていければ、この後乗っていける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月27日のニュース