ツバメ打線天敵にお手上げ…久保に6連敗

[ 2011年4月30日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト1-4阪神

(4月29日 甲子園)
 好調だったヤクルト打線が、天敵の久保にやられた。

 3回に休養の相川に代わって先発マスクの川本が左翼席へ先制ソロ。ところが、得点はこの1点だけで8回まで3安打に抑えられた。これで久保には一昨年から6連敗。伊勢総合コーチは「きっちりコースを突いてくるタイプにうちは弱い」と言い、3打数無安打の4番・畠山も「投げミスが少ない。凄い球がない分、みんな中途半端になっていた」と反省していた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月30日のニュース