万引ではなかった レッズ右腕の罪を減刑

[ 2011年4月30日 11:51 ]

 万引容疑で18日に逮捕された米大リーグ、レッズのリークは29日、裁判所から万引ではなかったとして減刑され、カウンセリングと30時間の社会奉仕活動を終えれば犯罪記録が抹消されることとなった。

 23歳の右腕は、本拠地シンシナティ市内の百貨店で購入したTシャツが小さかったため、18日に店員に断らずに勝手に交換したところを警察に通報された。今季は逮捕後の勝利を含めて3勝0敗、防御率4・40。(AP=共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月30日のニュース