林威助 逆転V打!アニキの代役卒業や!

[ 2011年4月30日 06:00 ]

<神・ヤ>4回、阪神の林は右中間に逆転2点適時二塁打を放つ

セ・リーグ 阪神4-1ヤクルト

(4月29日 甲子園)
 聖地から解き放たれた大歓声に乗り、打球は勢いよく芝を駆けた。金本の代役として6番・左翼でスタメン出場した阪神の林威助が4回に右中間を破る逆転の2点適時打。スーパーサブとして控える男が絶大な存在感を見せ、主役として久保、新井とお立ち台に立った。

 「余裕はなかったです。とにかく三振だけはしないように、うまく引っかけてヒットになりました」。崖っぷちで放った一打だ。1点ビハインドで迎えた4回2死二、三塁で打席に入ったが、ヤクルト先発・山本斉にわずか2球で追い込まれた。そこで、冷静に心を静めた。「試合前のミーティングを思い出した。2ストライクからタテの変化球が多くなる。そろそろフォークが来るんじゃないかと」。読み通りにきたフォークを振り抜き2者を迎え入れた。

 ロッカールームに置かれた1冊のノートが林威助の体を支えている。毎日の体重を漏らすことなく記し増減をチェック。今は08年に痛めた左膝に負担がかかる83キロを下回り、適正体重81キロをキープし続けている。「急に増えたりするのは良くないから。今が膝の状態は一番いい」。徹底した自己管理が、この日の一打をアシストした。

 現状で先発出場は金本の休養日に合わせての週1回。30日には、再び金本がスタメンに戻ることが濃厚だ。それでも真弓監督は試合後、悩みにも似た思いを口にしている。「林は(先発起用に)応えてくれた。結果が出てくればチャンスも出てくるしね」と語り、週1回のままか?と聞かれると「もう少し考えます」と答えた。指揮官の選択肢が増えるのは、長いシーズンを考えれば大いにプラス。打線の沈滞ムードを吹き払った背番号31は、猛虎浮沈のカギを握る男になってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月30日のニュース