松井、イテテ顔面強打…“ドジラ”に変身!?

[ 2011年3月24日 06:00 ]

宿泊先で転倒し、額と鼻筋に傷を負った松井

 寝違えて首の張りに悩まされているアスレチックス・松井が、23日(日本時間24日)のカブス戦にDHで復帰する。

 この日のレッズ戦は欠場も打撃練習は再開して50スイングし「首はほぼ大丈夫。あしたは出られる」と話した。ただハプニングは続いた。前夜には宿泊先の部屋でつまずいて、顔面を床に打ち付けたという。小学生時代に柔道に打ち込み、石川国体の強化選手になる腕前だった松井も、「受け身を取りたかったけどね。(経験が)生きなかった」と苦笑い。額と鼻の根元には、痛々しい傷が残っていた。幸いプレーへの影響はなし。24日(同25日)のダイヤモンドバックス戦に向けて、外野の守備練習も無難にこなしていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年3月24日のニュース