福留、相手の「持ち球隠し」にお手上げ3タコ

[ 2011年3月24日 06:00 ]

ドジャース戦で、3打数無安打1四球に終わり引き揚げる福留

オープン戦 カブス1-2ドジャース 

(3月22日 グレンデール)
 カブス・福留がオープン戦ならではの「持ち球隠し」に幻惑された。

 相手の先発ビリンズリは動く速球を封印し、遅い変化球中心の配球。3打数無安打に終わり「チェンジアップばっかりだったね。あんな緩いカーブは初めて見た」とお手上げ。チームも同投手を攻略できず6回で4安打無得点。「イメージと違っていたからでしょう」と冷静に話し「調子うんぬんより、まずは体調を整えること」と、残り試合に目を向けた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月24日のニュース