父は愛甲投手と全国制覇 横浜の背番号16「自分も優勝したい」

[ 2011年3月24日 15:24 ]

第83回選抜高校野球1回戦  横浜1-5波佐見

(3月24日)
 横浜は遊撃手の青木が大会直前に故障し、背番号16の2年生宍倉が先発出場。代役は無失策で、1安打を放ち「緊張したが、憧れの舞台を楽しんだ」とはにかんだ。

 父の一昭さんは横浜が愛甲投手を擁して1980年夏の甲子園で優勝した時のメンバー。今春は初戦敗退に終わったが「自分も優勝したい。夏はレギュラーを目指す」と親子二代の全国制覇を目標に掲げた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月24日のニュース