セ理事長「最終的には選手の気持ちを酌んだ」

[ 2011年3月24日 16:54 ]

 プロ野球セ・リーグは24日、東京都内で緊急理事会を開き、29日に予定していた公式戦開幕の再延期を決め、4月12日にパ・リーグと同時開幕することになった。

 ▼新純生・セ・リーグ理事長(ヤクルト球団常務)の話 監督官庁の指導で決めていった。最終的には選手の気持ちを酌んだ。早く開幕日を決めてあげないと選手のコンディションのことがあるので4月12日に決めた。

 ▼井上智治・パ・リーグ理事長(楽天オーナー代行)の話 セ・リーグのみなさんは球場事情が厳しい中でも英断を下された。東北地方を元気づける意味でいろんなことを配慮していただいた。選手会にも感謝している。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2011年3月24日のニュース