被災者への思い込め…野山主将、堂々宣誓

[ 2011年3月24日 06:00 ]

被災地への思いを込め選手宣誓する創志学園・野山主将

センバツ開会式

(3月23日 甲子園)
 「生かされている命に感謝し、全身全霊でプレーを」。選手宣誓を務めた創志学園・野山主将は、東日本大震災の被災者への思いを言葉に込めた。

 正面を見据えながらの堂々とした宣誓には、スタンドからは大きな拍手が送られた。開会式直後には東北・上村主将から「いい宣誓だった」と声をかけられ、東北・五十嵐監督は「あの素晴らしいメッセージで僕らの気持ちを言っていただいた」と感謝の意を示した。第3試合で敗れて甲子園1勝はならなかったが「力不足というか、もう少し成長して夏に帰ってきたい」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月24日のニュース