センバツ開催決定 予定通り23日から

[ 2011年3月18日 18:01 ]

選抜高校野球大会の開催を決定し、記者会見する日本高野連の奥島孝康会長

 東日本大震災を受けて、第83回選抜高校野球大会の開催可否を判断する臨時運営委員会が18日、大阪市内で行われ、予定通り23日から12日間にわたって兵庫県西宮市の甲子園球場で開催することを決めた。日本高野連によると、選抜大会は戦争の影響で1942~46年に中断したが、1月に阪神大震災が起きた95年にも開催されており、史上初めて予定された大会が中止になる事態は免れた。

 大会の主催者は13日にも臨時運営委員会を開いたが、最終判断は再度協議するとし、開催のための準備を進めていた。14日は大阪入りできなかった東北高(宮城)水城高(茨城)を除いた30校で代表者会議を行い、15日には東北高を除く各校が参加して組み合わせ抽選会を実施。東北高は1回戦の最後のカードとなる大会第6日第1試合に組み込まれ、大垣日大高(岐阜)と対戦することが決まっている。

 東日本大震災では、Jリーグが3月中の試合をすべて延期したほか、プロ野球でもパ・リーグが25日に予定されていた開幕を4月12日とするなど、影響が相次いでいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月18日のニュース