五十嵐、サヨナラ打浴びガックリ「技術のなさ」

[ 2011年3月18日 06:00 ]

ツインズ戦の9回、レーマンにサヨナラ二塁打を浴びたメッツ・五十嵐

オープン戦 メッツ3-4ツインズ 

(3月16日 リーカウンティー)
 メッツ・五十嵐がツインズ戦でサヨナラ打を浴びた。3―3の8回から登板。8回は三者凡退に抑えたが、初の2イニング目となった9回に連続二塁打を浴びた。

 直球狙いのところでカーブを投げられず、甘いフォークを痛打される悪循環。「自分の技術のなさが今回の結果につながった。(最後は)落ちないフォークを打たれた。反省しなければいけない試合」と肩を落とした。コリンズ監督は「これが最後の機会ではない」とかばったが、招待選手の立場だけに結果が全て。五十嵐も「40人枠に入っていないので、普通よりいい結果を出さないとアピールできない」と無念の表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月18日のニュース