星野監督 セ強行開幕に「言いたいことは山ほどある」

[ 2011年3月18日 06:00 ]

ナゴヤ球場のグラウンドを歩く楽天・星野監督

 楽天・星野監督は開幕延期が決まり、4月12日に目を向けた。広報を通じて「決まった以上は体と気持ちのコンディションを合わせるのが、われわれの仕事です」とコメントした。

 本拠地のある仙台が東日本大震災で被災。予定通り25日に強行開幕を決めたセ・リーグに対して私見を持ちながらも「言いたいことは山ほどあるけど、うちは当事者だから。中日や阪神の監督をしている時だったら、言うけどな」と、多くを語らなかった。

 被災地の様子は連日、テレビで確認している。復旧のメドが立たない状況に「テレビを見ていると、チームの日程や遠征生活のことなんかどうってことない」と語った。この日、チームはナゴヤ球場で全体練習。18日から中日とオープン戦3連戦(ナゴヤドーム)が組まれていたが、20日は中止が決まった。仙台に家族を残している数人の選手が、地震発生後初めて仙台に戻ることを優先させた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月18日のニュース