小林宏、初球被弾に反省「あの入り方はない」

[ 2011年3月18日 06:00 ]

7回に登板した小林宏は1イニング1失点の内容だった

合同練習 阪神4-3オリックス

(3月17日 甲子園)
 阪神は17日、オリックスとの実戦形式の合同練習を甲子園で行った。

 ロッテからFA移籍した小林宏は、7回に登板。先頭打者のヘスマンに初球を左翼席に運ばれた。「シュート回転でど真ん中に行ってしまった。外国人相手にあの入り方はない。先頭打者を切っていかないと、点に絡む確率が増える」と反省。6回には久保田、8回には藤川が登板し、13日に続いて「トリプルK」がそろい踏みした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月18日のニュース