女性打撃投手 松井に「興奮した」

[ 2011年2月24日 10:14 ]

 21日に女性として大リーグで初めて打撃投手を務めたジャスティン・シーガルさんがアスレチックスの練習に参加した。松井との“対決”は実現しなかったものの、握手を交わして激励され「興奮した」と喜んだ。

 肝心の投球は制球が定まらなかったが、女性がプレーできる環境づくりに努めているという36歳のママさん選手には大きな収穫だったようだ。

 目の当たりにする機会には恵まれなかった松井だが「すごい。尊敬する」と感心していた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月24日のニュース