松井 紅白戦出場へ オーナー笑顔「期待する数字は1本塁打以上かな」

[ 2011年2月24日 09:51 ]

練習を終え、コーチと談笑するアスレチックス・松井

 アスレチックスの松井が24日の紅白戦に出場することになった。首脳陣からの打診に応じたそうで、味方投手と対戦する打撃練習もしていないが「試合勘などを打席で感じながらやりたい」と意欲的だ。

 膝に不安を抱えていた昨年は紅白戦には出ず、実戦はチームのオープン戦5試合目からだった。体調万全の今年は、調整の歩調を緩める必要もないようだ。重心の移動を入念に確かめたフリー打撃では、ライナー性の打球が増えてきた。

 激励に訪れたウルフ・オーナーは、松井とも談笑し「彼と一緒にできるのは不可能と思っていた。重圧はかけたくない。期待する数字は1本塁打以上かな」と穏やかな笑顔で言った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月24日のニュース