田沢、2度目のブルペンで「今までになかった」

[ 2011年2月24日 06:00 ]

ブルペン投球を行うレッドソックス・田沢

 昨年4月に受けた右肘手術からの復活を期すレッドソックス・田沢が、キャンプ2度目のブルペン投球を行い、捕手を座らせて25球を投げた。

 直球のみだったが、捕手が投手寄りだった前回19日の投球練習とは違い、今回は通常の距離。「指のかかりは前回の方がいい気がしたが、捕手から今回の方が速かったと言われた」と喜んだ。今後も中2日のペースで投球練習を行うが「今までになかったいい意味での肩の張りが出てきた。怖さと戦って腕を振りたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月24日のニュース