イチロー、30球中4球「振りたくないけど…」

[ 2011年2月24日 06:00 ]

打撃練習中にバケツに座り、投球を見るイチロー

 マリナーズ・イチローは、2日連続で実戦形式の打撃練習を行った。

 前日はケージや防球ネットを理由に「ゲーム感覚とは違う」投手の球を見逃すだけだったが、この日は30球のうち4球スイング。「打撃練習の数が圧倒的に少ないからね。振らなきゃしようがないでしょ。振りたくないけど、あれはもう打撃練習と捉えないと」と理由を明かした。フリー打撃でも、わずか19スイングしかさせてもらえず消化不良とあって、不本意ながらスイング数を求めてバットを振った。

 全体練習後は、1人居残りで20分間のダッシュを敢行。約80メートルの距離を13本、フォームを確認しながら駆け抜けた。「(全員が行う)目の検査までちょっと時間があるからね。暇つぶししなきゃいけないからっていうのが第一理由」。今季もストイックさは健在だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月24日のニュース