斎藤 キャンプ最多の107球!桑田氏から助言も

[ 2011年2月24日 19:48 ]

球場を訪れた桑田真澄氏(右)と握手する日本ハム・斎藤

 日本ハムの斎藤(早大)が24日のブルペンでキャンプ最多となる107球を投げた。この日は、巨人、パイレーツでプレーした桑田真澄氏が球場を訪れた。斎藤は早大野球部在籍時の2008年に高校球児向けに開かれたシンポジウムで桑田氏と同席したことがある。ブルペンを見守った桑田氏は「小さい人が大きい人を相手に投げるには体全体を使うしかない」と体重移動の大切さをアドバイス。斎藤も「体に合ったレベルに(体重移動を)合わせられれば」とあらためて課題を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月24日のニュース