増渕、先発復帰テスト“合格”4回無失点6K

[ 2011年2月24日 06:00 ]

4回無失点、6奪三振の好投をみせた増渕

練習試合 ヤクルト2-1韓国ハンファ

(2月23日 浦添)
 ヤクルト・増渕が先発復帰のテスト登板に臨み、韓国ハンファを相手に4回2安打無失点。持ち味の球威は最後まで衰えず、最速147キロは3イニング目の6回2死、柳賢振(ジョン・ウォンソク)からの空振り三振でマークした。

 「課題にしていた球を結構使えたのが良かった。三振は前回(13日阪神戦)は取れなかったので狙っていきました」。昨季までの変化球はシンカー、スライダーの2種類だったが、先発復帰にあたってツーシームなど3球種を習得。6三振のうち、新たな武器であるフォークで3個、カットボールで1個を奪った。

 荒木チーフ兼投手コーチは「良かった。先発ならコースに投げ分けられないと厳しいが、それができていた」と開幕ローテーション入りにゴーサイン。それでも増渕は130キロ前半にとどまったフォークについて「球速を上げていきたい」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月24日のニュース