村中“クニマス”に手応え「もう少しスピードが抜ければもっといい」

[ 2011年2月24日 10:19 ]

 23日はブルペンで調整を行ったヤクルト・村中は、オープン戦初戦の26日西武戦(浦添)で登板する見通しだ。

 今キャンプでは、顔が似ていると言われる魚類研究家・さかなクンが発見した幻の魚になぞらえた新球「クニマス・チェンジアップ」を練習。実戦では19日の横浜との練習試合(浦添)で解禁し「前に(打球が)飛んでくれればいいというつもりでいる。もう少しスピードが抜ければもっといい」と手応え。今季目標の15勝に向けて進化を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月24日のニュース