ドラ1大野が初ブルペン「自分のペースで」

[ 2011年2月24日 19:04 ]

 左肩が万全でないため2軍キャンプで練習中の中日ドラフト1位の新人左腕、大野(仏教大)が、キャンプで初めてブルペンに入った。

 捕手を立たせたまま、感覚を確かめるように30球。「最近、調子がいいし、マウンドの傾斜を使って投げたかった」と晴れやかな表情で話した。

 日本ハムの斎藤(早大)ら、他球団のドラフト1位ルーキーが連日、注目を集めている。それでも大野は「自分のペースでやっていきたい」と焦る様子はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月24日のニュース