ソフトバンクの2位 足ならコーチ太鼓判「1軍で行ける」

[ 2011年1月20日 10:23 ]

インターバル走できつそうな表情の柳田(左)

 ソフトバンクのドラフト2位・柳田(広島経大)が、西戸崎室内練習場での新人合同自主トレで評判通りの身体能力を見せた。まずは屋外での遠投で125メートルという自慢の強肩を披露。30メートル走では新人トップの3秒92をマークし、キャンプ1軍を猛烈アピールした。

 柳田は「大学時代より調整のペースは遅めだけど、投げる、走るとなるとウズウズして」とケロリとした顔だった。30メートル走は川崎の3秒79には劣るが、逆風の中だけに価値がある。並外れた肩と足に周囲の評価は高まっている。山川コンディショニングコーチは「首脳陣に“1軍で行けるか”と聞かれたら“はい”と答えます」と太鼓判を押した。

 23日には秋山監督が新人合同自主トレを視察予定。次は指揮官の前で実力を示し、キャンプ1軍切符をつかみ取る。柳田は「どんな形でも1軍の試合に出たい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月20日のニュース