前回は「違和感あった」斎藤 21日は「座らせたい」

[ 2011年1月20日 17:26 ]

 日本ハムの斎藤佑樹投手(早大)は20日、千葉県鎌ケ谷市での新人合同自主トレーニング後、21日にブルペンで捕手を座らせて本格的な投球練習を行う意向を示した。「(捕手を)座らせられたら座らせたい」と意欲をのぞかせた。

 前回、ブルペン入りした18日は捕手を立たせたままで、斎藤は「違和感があった。フォームを意識してやりたい」と確認事項を挙げた。新人合同自主トレも第3クールに入り、右腕は「そろそろ緊張が取れてくる頃だし、もう一度、けがをしないように引き締めたい」と自分に言い聞かせるように話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月20日のニュース