腕前は球界でも断トツ 原監督「自分とどれだけ違うのかを感じてみたい」

[ 2011年1月20日 07:26 ]

 巨人・原監督が、プロゴルファーの石川遼とハンデなしのゴルフ対決を行うことになった。原監督のゴルフの腕前は球界でも断トツ。ドライバーの平均飛距離は270~280ヤード、ハンディキャップは0~1と、単なるシングルプレーヤーの域を超えている。昨年5月2日、石川が中日クラウンズ最終日に世界最少記録となる58のスコアで逆転優勝した際には「僕のベスト?66だよ。2回出したんだ。しかもバックティーだからね」と明かしている。

 原監督と石川は過去に表彰式などで何度も対面しているが、一緒にラウンドするのは初めて。すでに周囲に「飛距離にしても技術にしても自分とどれだけ違うのか、というものを感じてみたいよね」と話すなど闘志メラメラ。キャンプインを目前に、指揮官の勝負への闘志は着火済みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月20日のニュース